即日借り入れ可能のカードローンの総量規制について

インターネットカードローンは、即日借り入れが可能というメリットがあります。申し込み方法も最近は多彩になっていて、店舗での契約のほかに、無人契約機やインターネットを使った契約も可能です。また、カードを発行しないという選択肢もあり、その場合は銀行振り込みで融資を受けられるなど、各人のニーズに合わせた利用が可能です。
そんなカードローンですが、総量規制に服する場合とそうではない場合があります。服する場合は、貸金業者が提供しているサービスを利用することです。総量規制とは、年収の三分の一以上の借り入れを規制するものです。総量とは、総利用額のことです。貸金業者は、消費者金融業者や信販会社などが当てはまります。
そして、この対象となる借り入れは一社のみではありません。すべての業者でのりようが当てはまります。例えば、年収が300万円の人が一社ですでに100万円を借りている場合、別の貸金業者から借りることはできません。仮に嘘を言って申込んでも、審査で信用情報を見ることが業者はできるため、簡単に見破られてしまいます。それをごまかそうとすれば年収を多く見積もる必要がありますが、ローンの額が一定額を超えると、業者は法令により年収証明書の提示を求めてその収入の額を確認する義務を負います。それを提出できなければ当然審査には通りませんし、その年収が足りないならば同様に落ちてしまいます。そのため、この規制を意識した借り入れを計画的に行う必要があります。