カードローンを活用すれば無職でも即日借入が可能

アルバイト日常の暮らしは様々な局面でお金の必要性が舞い込んでくるものです。特にアルバイトや派遣社員などの正規雇用の職に就いていない無職の人にとっては住居費や食費などの生活費を捻出する上でも支障をきたす場面があるでしょうし、友人同士の飲み会や趣味への出費、家族と一緒に出かけるレジャー費などの面でも出費がかさむケースが多いはず。そんな際にもしも支払額が不足した時には、会社の先輩や同僚に借りるよりも銀行や消費者金融のカードローンを活用すると即日融資を受けることが可能です。

そもそもカードローンはサラリーマンなどの正規雇用の職種を中心にサービス提供されていたものでしたが、最近では消費傾向の多様化に伴って幅広い利用者層にターゲットが広がっています。そのため派遣やアルバイト、パートなどの無職の人でも簡単に審査に通過できるようになっているのです。また、複数の借り入れ先からの借金がかさんできた時には、これらを低金利の一つの金融会社のカードローンに集約させた上で、いわばまとめてしまうことも可能となっています。こうすることで返済日や金利が一律化されるので返済計画も立てやすくなるはずです。

ただし、消費者金融との契約の場合、総量規制の兼ね合いもあって全く収入を得ていない人は限度額もゼロとなって実質的な契約を結ぶことができません。また、すべての貸金業者は利用者に対して年収の3分の1を超える融資を行ってはいけないことになっていますので、それに抵触しないように気をつけることが大切です。